折れた穂先は自分で直せる!竿先の修理方法とは

釣りをしていると、うっかりやってしまいがちなのが穂先折れ。
みなさんもこんな経験はないだろうか。

筆者
ふんふふーん♪これから釣りだ!今日はどの竿を持っていこうかな?
筆者
あれ?竿が倒れてる。って…

筆者
穂先折れてるーーーー!!

釣りの最中はもちろんのこと、意外と部屋の中でも起きやすい穂先折れ。
気を付けているつもりでもうっかりドアに挟んでしまったり、カバーを付けずに保管して倒して折れてしまうなど原因は様々だ。

筆者
助けてぐっどくーん!
ぐっどくん
大丈夫!それくらいなら簡単に直るぜ!

今回はそんな穂先折れを自宅で直す方法を紹介していこう。

うっかり穂先折れ!まずは直せる状態か確認!

穂先折れといっても、全てのものが自宅で直せるとは限らない。

基本的にはTOPガイドから1~2cm以内が問題なく直せる範囲と思った方が良いだろう。

これ以上になるとどうしてもバランスが崩れてしまうので、折れた竿ごと釣り具屋に持ち込んで修理をするのが無難だ。

筆者
メーカー保証が付いている竿は保証書を持っていくのもお忘れ無く!

折れた穂先の直し方!まずはガイドをライターで炙る。

それではさっそく修理に移っていく。
用意するのは以下の通り。もしガイドを紛失してしまった場合は釣具店に竿先を持っていき、合うものを購入すると良いだろう。

用意する物
・ライター
・ペンチ
・接着剤
ぐっどくん
簡単に揃う物ばかりだぞ!


恐らく折れたガイドにはもともとの穂先が残っているはず。
まずはこれを引っこ抜くことから始める。

①ガイドの根本部分をライターで炙り、ある程度暖まったらペンチなどで引っ張ればスポッと抜けてくれる。

②次に、今取ったガイドを折れた元竿の穂先をはめるため、赤い矢印の部分に合わせてカッターで削っていく。一気に削りすぎないように慎重に。

③これが削り終わった状態。黒い部分がカッターで削った部分だ。

④あとはさきほど削った竿先に、接着剤をすこし付けてはめ込むだけ!接着剤の規定時間乾かせばあっという間に修理完了!

Name
おー!元通りになった!

まとめ!穂先の直し方。自信がなければ釣具店で。

いかがだっただろうか。
中級~上級者の方々にはごく当たり前の知識だったかもしれないが、釣りを始めたばかりの初心者の方に少しでも参考になれば幸いだ。

釣具店で直してもらった穂先。やっぱり綺麗。

お店などで頼めば直してもらえるので、もし腕に自信が無ければ行きつけのお店などで相談してみるのもいいだろう。
料金もガイド代だけで済むことも多い。

ただ今回の方法なら釣り場で竿先を折った時にも接着剤などがあれば簡単に直せる応急処置としても覚えておいて損はない。

それでは良い釣りライフを!

記事を読んで釣りに行きたくなりましたか?

きっと海は釣り日和!道具を買って、さっそく出掛けましょう。

最新情報をチェックしよう!