ニシン釣りはどんな仕掛けが必要?ロッドやリール、サビキの選び方まで!

LINEで送る
Pocket

このブログをご覧になっているみなさまは、堤防からニシンが釣れるのをご存じだろうか?

塩焼きに煮付け、新鮮なものならば刺身も旨い大衆魚ニシン。

”ニシン御殿”という言葉もあるほど、北海道民の方々にとっては昔から馴染みの深い魚だ。

そんなニシンの釣り方を、今回はご紹介していこうと思う。


スポンサードリンク

ニシンについて

釣り方の解説に入る前に、まずはニシンの生態について簡単に解説していこう。

・ニシン目ニシン科のお魚。最大40cm前後まで成長する。
→メスの卵は数の子として有名。
・寒流性の回遊魚で、茨城県以北の北太平洋に生息している。
・主に北海道で漁獲され、身欠きニシンや塩漬けなどにして消費されることが多い。

・夜行性で動物性プランクトンやオキアミ類を捕食。

江戸時代後期辺りまでは大漁に漁獲されていたのだが、近年はすっかり姿を減らしている。

特に新鮮な魚体が市場に出回ることは少なく、ニシンの刺身などは釣り人ならではの特権だ。

ニシンの釣れるシーズンについて

ではニシンはいったいどんな場所でいつ頃釣れるのだろうか。

実はニシンが釣れるのは岸寄りする春と秋だけ。

別名「春告魚」とも呼ばれているこの魚は、春にはお腹にはち切れんばかりの数の子が入っている。

一方で秋に釣れるニシンは卵や白子に栄養が取られておらず、身が最高に美味しい!

秋のニシン。旨そうな脂が流れ出ている。

北海道だと釣れる場所はどこ?


夕日の中、ニシンを狙う太公望たち

そんな魅力たっぷりのニシンだが、北海道のいったいどこで釣れるのだろうか?

有名どころだと、小樽や苫小牧、留萌、根室など。

特に根室の花咲港などは40cm級が上がることで知られている!
あまりに大きいものが一度に掛かりすぎて、竿を折られる釣り人もいるほど・・・

残念なことに道南ではあまり聞かないが、ほぼ全道的に釣果があるといってもいい。

詳しい場所が分からない場合は、最寄りの釣り具店で聞いてみたり、釣り新聞などを購入して情報を入手するのが手っ取り早い。

スポンサードリンク

ニシン釣りのロッド(竿)について

それではいよいよ、実際にニシン釣りに必要な竿についてみていこう。

ニシン釣りは基本的にサビキを使用した釣りになる。
仕掛けもそれなりの長さになり、竿自体もある程度の長さがないと仕掛けを扱いにくい。

よってこのような5.40m程度の磯竿を用意するのがベスト。

重さが気にならないのであれば特に高い物でなくてOK!
むしろ一度に大漁のニシンが掛かり、折られる可能性もあるので3000円~ほどの安い物で十分だ。

群れが堤防よりも少し沖を回遊した場合にも対応出来るよう、長さは最低でも5メートル以上が望ましい。

ニシン釣りのリールは?

ニシン釣りのリールは、4号の糸が100mも巻けるものであればなんでもOK!

amazonだと4号ナイロン付きで3000円以下のリールも売っている。
家にちょい投げ用に3000番程度のリールがあれば、そちらで十分代用可能だ。

ニシンのサビキ仕掛けについて

それではお次はニシン釣りに使うサビキ仕掛けについて。

実はこの釣りにとって、一番重要なのがこの仕掛け選びになる。

というのも、食い気のある群れが大量に居る場合なら問題ないのだが、なかなかサビキに食い付いてこない個体が多い場合、サビキの種類は非常に重要となってくる。

そんな中で、筆者が道東で多用していたのがこのハゲ皮。

スキン?ハゲ皮って?
サビキ仕掛けでよく見かける”スキン”や”ハゲ皮”、”サバ皮”は針付近に飾りとして付いているヒラヒラのもの。
その名の通りスキンは合成ゴム製、ハゲ皮はカワハギの仲間、サバはサバの皮といった魚皮を使用している。

アジ釣りなどに一般的に使われるピンクスキンよりも、ハゲ皮の製品の方が食いが良いように感じる。

もし「どんなのが良いか分からないよ」という場合は、
釣り場近くの釣り具店に行けばその漁港に合わせた専門の仕掛けが売られている場合もあるので、そちらを選ぶのがベスト!

ニシン釣りの針のサイズは?

サビキを用意する上で皮の種類とともに悩みやすいのが針のサイズだ。

釣れているニシンのサイズによっても違うのだが、30~40cmまでのサイズなら8号を用意すれば問題ない。

大物が掛かっても対応出来るよう、ハリスは3号以上の物を選択するのがオススメ!

スポンサードリンク

撒き餌は必要?

他のサビキ釣りにも言えることだが、ニシン釣りの場合も撒き餌は用意するのが○

いっぺんに撒くのではなく、柄杓の半分くらいの量を途切れなく投入すると、群れを留めやすくなる!
夕マズメからの2~3時間であれば、オキアミを一ブロック用意すれば十分だろう。

大漁のコツ!?集魚灯をつけてみよう。

実際にニシン釣りをしたことのある人ならお分かりいただけるだろうが、集魚灯を焚いている人が大勢いる。

その理由は光を焚くとニシンが集まるから。
正確に言うとニシンは光に集まったプランクトンを食べるために集まるのだが、明かりが付いているのといないのとでは釣果も大違い。

特に夜釣りが中心となる場合は、安物でもいいので集魚灯を用意した方が確実に数を伸ばせる。

ワンポイント
集魚灯が付いている釣り人の近くに無言で寄っていくのはマナー違反。
もしどうしても近くで釣らせてもらいたい場合は、一声掛けて許可を取ってからにしよう。

大漁のコツ!その2

集魚灯以外にも、もう一つ釣果をアップさせる方法が!

それが・・・

仕掛けを連結し、間に水中集魚ライトを付ける方法。

こうすることにより、より広い棚を探れるだけでなく、光でニシンへのアピールの増加が期待出来る!
釣れた魚が上針だったり、下だけに付く場合はその分だけ狙う棚をずらすと釣果アップ!!

ニシン釣りの誘い方は?

ニシン釣りの誘い方は他のサビキ釣り同様、上下にゆっくり誘うのが基本の形だ。

ニシンヒット中!

ただ、時によっては激しく誘うことで食い気のない魚にスイッチが入ったりすることも・・・
初心者でやり方が分からない場合は、左右などでよく釣れている人を確認し、まずは誘い方を真似するのがいいだろう。

なお、棚(魚がいる層)はその時間によって変わる。

まずは表層下から始めてみて、当たりが無ければ徐々に底を探っていくといいだろう。
より広い範囲を探るためにも、先ほど紹介した仕掛けを二つ連結させる方法をオススメする。

まとめ!北海道ならではのニシン釣りにチャレンジ!

今回はまさに今がシーズン真っ盛りのニシンの釣り方をご紹介してきた。

釣り方自体はサビキ釣りとファミリーでもお気軽にトライできる。

しかし、誘い方などで大きく差が出る場合もあり、実は奥が深いこの釣り。
素人とベテランでは50匹以上の差が付くことも・・・


ニシンのお造り。新鮮なうちしか作れず、まさに釣り人の特権。

また食べてメチャクチャ旨いのがこの魚の魅力でもある!

是非一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です