恵山方面投げ釣りへ!天候良し!風良し!まさかのガヤ戦争開戦。

みなさま楽しく釣りをされているだろうか。

筆者は最近風邪気味+この時期特有の悪天候により、釣行回数が減っているのが辛い。

しかし、今週日曜にようやく風速2~3メートルの絶好の釣り日和が訪れた。

そんな訳で今回は、最近好調な話が聞こえるホッケ、カレイを狙いに投げ釣りへ。

果たして釣果はいかに!?

スポンサードリンク

いざ釣り場へ・・・最高の釣り日和だが?


現地到着は日の出前の午前6時半過ぎ。

途中、通りがけの磯や漁港にはヘッドライトの明かりが見えたことから、近辺にはかなり釣り人が出ている様子である。

期待に胸を膨らませ、投げ竿3本をセットしてキャスト。

すると、着底してすぐに・・・ビビビと竿先が揺れる。

kawaguti
早すぎない!?

まだ竿を三脚にすら置いてないというのにいきなり当たり。

すぐに合わせを入れるとなんと・・・

めちゃくちゃ軽い。(笑)

根にはまらないよう、高速リーリングして上がってきたのは、よく見るあの子だ。

そう。GAYA。


ダブルも当たり前。

その後も入れる度にガヤが掛かりまくる。
まさに名前の由来の通り、ガヤガヤしていらっしゃる。

このままでは他の魚が来る前に、ガヤに食われてしまうのは間違いないだろう。

大きめの当たり!しかし・・・

しばらくガヤを釣っては逃がしを繰り返していると、今までとは明らかに違う大きめの当たりがあった。

もしや本命か?

合わせを入れると、まあまあの重量感が感じられた。
そして首を横に振るような動きだ。

あれ?ホッケも首振るんだっけ?と考えているうちに魚は水面へ姿を見せる。

予想通りアブラコ。30cmくらいだろうか

ガヤよりはありがたいお魚。しかし、今日のお目当てはホッケorカレイなので即リリース。

立て続けにガヤ以外の魚。しかしお腹から〇〇。

そして立て続けに近場に投げていた竿に当たりがあった。
これまたガヤとは違う、ゴンゴンとした強い引き込みで竿先が揺れる。

お次に上がってきたのはシマゾイ。お腹もパンパンでこれまた良いサイズだ。

ようやくガヤ以外の魚が釣れ始めたか。と筆者

キープしようかと悩みながら針を外すために持ち上げると、暴れるシマゾイ。

そして口からポンっと何かが飛び出した。

”なんと、消化途中のガヤだ。”

まさか針に掛かる以外に現れるなどと思ってもいなかっただけに、ビビる筆者。
一体どれだけガヤが居ると言うんだ・・・。

時間も8時を回り、朝マズメもすっかり終わってしまっただけに、期待は薄い。

もうこの場所にはガヤしかいない。そう判断し、他の場所へ移動を決意したのだった。

漁港へ移るも・・・?

函館方面へ戻りながら漁港などを覗いていくと、なんと椴法華漁港に道内の釣りyoutuberとして有名な「チアキ探検隊」の方々が竿を出しているじゃないか。

ご挨拶しようかとも悩んだが、こんな弱小ブログなど知るはずもないのでそっと通り過ぎる。

近くで竿を出そうかとも悩んだのだが、恐らくババガレイ狙いの釣り師がずらりと並んでいたのでスルー。
パッと見た感じ、カレイが上がっている様子は見受けられなかった。

そんなわけで別の場所へ移動し、キャストを再開する。

すると、先ほどの磯同様、着底後すぐにブルブルと当たり。

「マジかよ」と焦る筆者。

恐る恐る上げてみると・・・やっぱりGAYA。

むしろ移動前よりも魚影が濃くなったんじゃないか。

これではイソメも持たないので、全ての餌をサンマに変えるも・・・ガヤガヤガヤ

あまりのガヤ様の猛攻に、そっと竿をたたんだ筆者なのであった。

kawaguti
ガヤ戦争、完敗!!

スポンサードリンク