前日に50cmオーバーが上がる!?改造仕掛けで初のマコガレイ釣りへ。

LINEで送る
Pocket

こんばんは。kawagutiです。

前回の記事では、高い仕掛け安い仕掛け釣果の差を検証してみた。
今回もその続きを検証しようと思ったのだが、あいにく近郊ポイントはまだ魚影が薄い様子。
もう少し経ってから再度チャレンジ予定なのでしばしお待ちいただきたい。

スポンサードリンク

50cmUPが上がった!?期待の新ポイントへ

そんなわけで今回は、至って普通の釣行。
ポイントは前回、釣り場のおじさんに教えてもらった場所だ。

なんでも前日には50cmUPのマコガレイが上がったとのことで、期待に胸を躍らせながら自転車を漕ぎ進める。


向かう途中、数名の釣り人を見かけた。タックルからしてクリガニ狙いだろうか

釣り場へ到着。とっておきの仕掛けをご紹介

 

現地へは午後2時頃に着き、竿の準備をする。5時には釣り場のゲートが閉まってしまうとのことなので3時間だけの短時間勝負。
ちなみに用意した仕掛けは前回の検証で使用したA選手を改造した物だ。

ご覧の通り各種ビーズにホタテミラーまで付けた豪華セット(タックルケースの余り物)

まだ活性の低いカレイらに、少しでもアピールしようとこれでもかと付けてみた。
前回のA選手と比べるとまさに天と地の差。

例えるならば、韓流スターに会うために、化粧をバッチリ決めたおばさまのようだ。例えが古くて分かりにくい。


全体像はこちら。100円ちょっとの仕掛けが、非常にボリューミーな物に大変身。

スポンサードリンク

期待を込め、いざキャスト!


周りには釣り人が7、8組はいただろうか。他の方々を見ていると遠投というよりは近場に投げている様子。
なので筆者も大体3色(1色は25m)くらいのちょい投げで攻めてみる。

 

 


全ての竿を投げ終わった辺りでメジャーを持ったおじさんが歩いてきた。
話を聞くと、「昨日そこの角で50のマコがあがったんだあ」とのこと。やはりあの噂は本当だったのか。

しばらくの沈黙。しかしドラマは夕方に!

 

この日は気温も10度を超え、ポカポカ陽気。途中眠気を誘われながらもじっと竿先を見つめる・・・

予想に反して当たりらしきものが全くない。
周りの釣り人も「今日は潮がわりいからだんめだ。また明日来るべよ」とあきらめムード。
しかし、これから夕マズメに入り、何かしら来てくれるだろうと待っているとA選手改を付けた竿に当たりが!

すぐに巻き取りたいところだが、カレイは口が小さく、捕食が苦手なので一息待ってからグンッと合わせを入れる。

すると、竿全体に心地良い重み。

どうやら掛かったようだ。

途中、下に突き刺さるような引きから間違いなくカレイだと確信。そして無事に上がってきたのがこちら

狙い通りマコガレイ!30cmに少し届かないサイズだがなんとか本命をGET。

その後は残っていた餌をたっぷり付けて狙ったものの残念ながら不発だった。しかし、北海道に来て初めてマコガレイを釣ることが出来、本当に嬉しい。

次回はぜひ50cmUPを目指したい。

おわりに

今回のまとめ

活性が低いシーズン初期のカレイにはビーズやホタテミラーが効いた。
遠投が有利に思えるが、意外と近場(3色前後)も狙い目。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です