GW釧路釣行②今度こそはサクラマスを釣り上げられるか!?

LINEで送る
Pocket

こんばんは。kawagutiです。

本日の記事は前回の続き。

前回の記事はこちら

さあ、果たして最果ての釧路の地にてサクラはゲットなるのか。

スポンサードリンク

サクラマスは渋めの様子。そして寝坊・・・

この日も前日の友人と釣り場へ向かう予定だった。

待ち合わせは午前2時30分。

夜遅くまでルアーのメンテをしたり、情報を仕入れたりしたりと寝たのが11時。

 

うとうとしながらも目覚める。

なぜだろう。なんか嫌な予感・・・

 

スマホを付けると友人から数件の不在着信。

時計の針が指していたのは午前3時30分。

 

超寝坊をしでかしてしまった。

 

すぐに着替え、友人に「今からチャリで向かう!」とだけ連絡。

空が白み始める街を激走。

オンボロの錆だらけママチャリで釣り場へ向かう。

通常なら約30分かかる所をなんと10分ちょいで到着してしまった。

マジで死ぬかと思った。

サクラの力恐るべしである。

スポンサードリンク

ようやく釣り開始!しかし活性低い?

そんなこんなで4時には釣りを開始することができた。

先に現着して釣り場を確保していてくれた友人に猛烈な感謝をしつつ、第一投目!

・・・

昨日と同じような誘いで巻いてくるも、無反応の時間が続く。

周りを眺めてもアメマスすらぽつぽつ上がっているかいないかの状態。


ただ、5時くらいだっただろうか。

この釣り場では珍しいジグミノーを投げていた隣のおじさんにサクラマスがヒット!

40cmくらいだが、非常に羨ましい!

どうやら魚はいるようだ。諦めずにキャストを続ける。

ルアーを昨日サクラがヒットしたチェリーブラッドのオリカラにチェンジし、気合を入れて誘う。

すると・・・中間あたりでゴン!!

ようやくヒット!!

結構な引きで心臓はバクバク。アメマスだとしたらすぐに浮いてくることが多いので本命かと期待。

 

慎重にやりとりを続ける。

 

足元まで獲物が浮いてきた。予想よりシルエットがショボい。小さめのサクラか?

ん?スレ?

 

友人「アメじゃない」

 

・・・

まさかのアメマス。頭辺りにスレ掛かり。どおりで浮いてこないわけだ。

その後、友人もちょい型良さげなアメマスを追加。

とりあえず、2日間お互い坊主を免れ安堵。

夕マズメにまたやるかと、とりあえず持っていたワームなどを流用し、急遽お遊びカレイ狙い開始。

カレイは釣れる。サクラは釣れない

シーバスロッドに手作り胴突き仕掛けを結び、30メートルほど投げるとすぐに当たり。

このままカレイで遊んで暇つぶしができそうだ。

ただ、徐々に風が強くなってくる。

またもや嫌な予感をしつつもカレイをちょちょいと追加。

周りの投げ釣り師もかなりのペースで釣り上げている。
専門で狙えば大漁も可能な様子だ。

しかし、どんどん強まる風。

竿を振っていたサクラ狙いのアングラーも一人、また一人と帰宅していく。

幸い、自分たちはカレイが釣れていたので続けようと思っていたのだが、もはや立って当たりを取ることすらできない状況に。

恐らく、このまま待っても夕マズメまでに風がやむ気配はないので止む無くストップフィッシング!!

あとで調べると5月の嵐「メイ・ストーム」が来ていたようだ。


カレイは美味しく頂きました。

遠征まとめ

うーむ。サクラの顔がみれたものの、完全には咲かず。
今後は天候が荒れるため、今回のGWでの釧路釣行はこの日が最終日。

道南に戻ってサクラをリベンジすべきか・・・

はたまたヒラメ開幕まで待つか・・・

どちらにせよ、釧路から帰ればあのリールがやってくる。

乞うご期待。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です