【2019】釧路でサクラマス釣行。アメマスヒットも本命は?

さて、当ブログの道東担当「特派員I氏」がアキアジシーズン以来の本格復帰!

冬の間はワカサギ程度しか釣れず、パチンカーになっていたI氏。
釧路を始めとするフィールドの海水温も徐々に上がり、ようやくまともな釣りができるようになってきたようだ。

そんな中、彼は今シーズン真っ最中のサクラマスを狙いに行ってきたとのことなので、その模様をお伝えしていこう。

特派員I氏
お久しぶりです♪
スポンサーリンク

釧路でサクラマス!数日前に爆?

連日サクラマスがポツポツ釣れていると噂があった釧路の某港。
23日には数十本のプチXデーのような釣果があったようで、期待は大。

仕事前に来る人が多く、午前3〜4時にはポイントが埋まるという話を聞いた特派員は2時30分にポイントに到着。

特派員I氏
港には既に3台の車も!みんなやる気満々だ…

これから人が増えると予想し車からタックルを降ろし、場所を確保した。

ぽつぽつ増える人・・・そして!


釣り場の写真は明るくなってから撮影。サーフにも人が居るのが確認できる。

時刻は3時を過ぎ、人が増えてくる!と思いきや…風が強いせいなのかまだ人が来ない。

そこで車から降りてきた人に話を聞いてみると「昨日は8本位出たと思う」との事だ。
状況は悪くないはず!そう確信して特派員もやる気が出てきたが、風が冷たい…追い風ではあるもののなかなかの強風。

明るくなりだし、朝練アングラーが増え始めてきた4時にキャスト開始。

しかし、時々アメの追いはあるものの喰わない、周りも反応が芳しくない様子。

延々とキャストする事1時間。

着水後細かくトゥイッチを掛け巻いてくると、ゴンっとバイト。

特派員I氏
ようやく!!

すぐに合わせを入れ、ファイト開始。
しかし重量感はあるものの、思ったよりも落ち着いており、引きがなんだか違う。

足下まで来て、あの魚であることを確認し、ゆっくりと抜き上げ。

特派員I氏
60ジャスト、良型のアメでした(汗)

ヒットルアーは安くて性能もいい「ジャッカル・トリコロールGT」

楽しめたから良いか!と思い、それからもキャストし続けた特派員。

結局10時まで粘り、全体でサクラマスは1本と連日の好調が嘘のような悲しい貧果に。

なお、港全体の釣果はサクラ1、アメ9とのこと。サイズはサクラは40ちょっと、アメは最大68というサイズだった。

恐らくGWが一番のピークになるはず。再度爆発することを祈り、めげずにチャレンジしていきたいところだ。

最新記事!

関連記事

本日も前回に引き続き、釧路でサクラマス釣りに燃えている特派員I氏の記事!釧路の某港は連日のようにサクラが上がっており、数日前には60cmクラスの良型も上がったとの情報が。そんな中、特派員I氏は念願の開花となったのか。[…]

2018年の記事はこちらから。

関連記事

実は現在、道南から遙か600キロほど離れた道東の地「釧路」を訪れている。連日、日本海はサクラマスで盛り上がっているが、この釧路でもGWからサクラが楽しめるのだ。そんなわけで今回は、道東サクラマス釣行編!①[ad2][…]

スポンサードリンク

 

記事を読んで釣りに行きたくなりましたか?

きっと海は釣り日和!道具を買って、さっそく出掛けましょう。

最新情報をチェックしよう!