日本海サクラマス釣行!初磯でサクラ咲く!!withぶっ飛びさん

さて、今回は連敗続きの日本海サクラマス釣行編。

連日釣果投稿にはロクマルサイズが送られており、筆者のやる気は最高潮。

そしてなんと!今回は当ブログ常連のぶっ飛びさんと休みがあったのでご一緒させていただくことになった。

前回は緊張のあまりモアザンのガイドをボッキリと折った苦い思い出もあるが、果たしてリベンジとなったのか。

スポンサーリンク

日本海サクラマス!初の磯へ!

この釣行の前日は近くのサーフでやっていたというぶっ飛びさん。
約100人で3本ほどしか上がらなかった渋い状況にも関わらず、なんとか1本をGETしたそうだ。

そして夕方は磯で偵察。風がやむにつれ、魚の活性が上がってきたとのことだったので、期待は大!!

ぶっ飛びさんが前日夕方に入った磯。夕方にはサクラの気配がしてきたとか。

実は筆者。少し近場の日本海側でやろうかとも悩んでいたのだが、この話を聞いたら行くしかあるまい。

そんな訳ではるばる2時間弱掛けて、遠征に挑んだ。

いきなりチェイス!そして・・・!


現地に到着したのは5時過ぎ。辺りはすでに薄明るくなっていた。
最近は確実に釣れるクリガニばかり釣っていたせいで、日の出時間を見誤るミス。

待っていてもらうのも申し訳ないので、ぶっ飛びさんに先にやっていてくださいと伝えると

ぶっ飛びさん
まだ釣れないから待ってるよー

 

なんて優しいんだ・・・。

そんなわけで無事に合流し、ぶっ飛びさんとともに入釣する。

なお、磯でサクラを狙うのは初めての筆者。
最初に何を投げようか悩んでいると、磯はアピール強いミノーが良いよとぶっとびさん、

それに従って王道アスリート14ssをチョイスし、キャストを開始する。

すると数十分もしないうちにサクラの追いが見えた。

筆者
お、魚居ますよ!

しかし、あとが続かない。手前まで来たものの、すぐにUターン。

その後も何度か投げ続けるが、一向に食わない。

ん?待てよ。磯なら足下まで探れるし、あれ使ってみるか?

ここで道東でお世話になっていたとあるミノーにチェンジ。

普段使っているものよりも軽くて飛距離は出にくいが、出来る限り遠くへキャスト。

そして巻き始めから数回だっただろうか。

グンッと久しぶりの魚信がロッドを通して伝わってくる。

筆者
来ました-!
ぶっ飛びさん
お、タモ居る?

当然、筆者にとって久々のサクラマスのヒット。

引きからしてそこまで大きくはなさそうだが、ここはなんとしても釣り上げたい。

しかしだ。

ぶっ飛びさんから”ロクマル以下はタモ入れ要らないオーラ”がわき出ているじゃないか。

ここは意を決してやるしかない。

40cmそこらではあるものの、口が柔らかいサクラをブチ抜くという暴挙に出た。
ガッチリ掛かっているようなので慎重に・・・


ひさびさサクラマスGET!

ヒットルアーは九頭竜川ではお馴染みのリッジランウェイ。

自分の狙い通りのルアーでヒットし、気分は最高!

リアフックにがっちりフッキングしていた。
欲を言えばサイズアップを狙いたいところではあるが・・・

1本追加。そして折られる針。

それから何度かチェイスはあるものの、リッジには反応が悪くなってきたのでルアーチェンジ。

またしても道東で実績のあるワイズミノーを結ぶ。

泳ぎ的にはDコンと似たような感じだが、少しバランスを崩しやすい。
だがそれがちょっとした変化となって魚の食い気を誘いやすいお気に入りのミノーだ。

時折、トゥイッチを入れながら巻いてくる。

すると・・・少し沖目でヒット!

サイズ的にはさきほど釣ったものと変わらなさそうなので、緩めに抜き上げ。


時合いもそう長くないのでサクッと写真を撮り、すぐに再開。

そして間髪入れずに折ってきたサクラマスが見えた。
ピックアップ前に軽くヒラ打ちを入れてやる。

筆者
乗った!

先ほどよりは少し大きいだろうか。
しかし、ギラッと反転したかと思うとすぐに抜けるテンション。

そう、あまりに出番がなさ過ぎて、針がサビサビだったのだ。

油断大敵。
あまりに初歩的なミス過ぎるのでぶっ飛びさんにバレないよう、こっそりとフックを交換したのは内緒。

沈黙のぶっ飛びさん。覚醒でロクマル!!

筆者がポツポツと連発している一方、あえて大きめのミノーを投げ続ける漢ぶっ飛びさん。

磯の先端に立ち、黙って大物のみをひたすら狙い続ける。
その姿はまさしく狩人だ。

ずっと沈黙を続けていたぶっ飛びさんだが、ついにその時は来た。

静かに竿を曲げる飛びさん。どうやら手前の根回りでヒットしたらしい。

筆者
タモ入れますか?
ぶっ飛びさん
頼むわ

あまりに冷静にファイトするものだから、デカいのか分からない。

しかし、タモ入れの確認をすると「頼む」との返事。そこそこはありそうだ。

そして徐々に姿を見せるサクラマス。
筆者の魚がヤマメに見えるくらいにはデカい。

いつもは余裕のタモ入れも、波が時折寄せる磯だと苦戦。

なにより漢ぶっ飛びさんの魚だ。ここでバラしたら間違いなく島流しだろう。

サクラよ、良いから早く入るんだ。グッと魚を押し込んで・・・


サクラマス・ロクマル。

ついに出た!ロクマルのサクラマス
磯で計ったときは良いとこ50後半に見えたのだが、引き上げてみると紛れもないロクマル。

これが漢・ぶっ飛びさんの実力だ。

この日は10名ほどが磯にいたが、間違いなくナンバーワン!

お隣さんにもビックフィッシュ!?

ここまでの釣果で二人とも満足し、潮止まりということもあったので一旦小休止。

すると、隣にサーフから転戦したアングラーがやってきた。

ぶっ飛びさん
誰か釣れたらやるかw
筆者
ですね!

二人でのんびりとたわいもない話を駄弁っていると、突然ぐにゃりと竿を曲げる隣のアングラーさん。

魚影が見えたがめちゃくちゃデカい。どうやらタモ入れに苦戦しているようだ。


大きさもさることながら、これぞ板マスといった太さ。

行こうかと思っていると、そういえば自分のタモは車に置いてきたのだった。
すぐにアシストへ向かうぶっ飛びさん。

タモに入りそうになるが、何度も何度も最後の抵抗を見せる極太サクラマス。

ようやくキャッチした魚は、ぶっ飛びさん曰くおにぎりみたいだったとのこと。
まさかの記録を塗り替えられるさらにデカいロクマル。日本海どうなっているんだ。

その後、すぐに二人でやる気を出したが、結果はご想像いただけるだろう。

なにはともあれ大成功!日本海サクラマス

そんな訳で今回は、日本海の磯でサクラマスリベンジ釣行に行ってみた。

結果から言うと大成功!!
若干筆者のサイズだけが残念ではあるが・・・

釣れるだけでも嬉しいサクラ。欲ばかりは言っていられない。

いつの日かロクマルに出会える日を信じ、通い続けねば。

筆者
ぶっ飛びさん、どうもありがとうございました!

スポンサードリンク

記事を読んで釣りに行きたくなりましたか?

きっと海は釣り日和!道具を買って、さっそく出掛けましょう。

最新情報をチェックしよう!