ヒイカ(マメイカ)の釣り方!ロッドの選び方やエギングの誘い方について

LINEで送る
Pocket

毎年秋になると、小樽や積丹、函館などで釣果が聞こえてくるヒイカ。

本州では主にヒイカと呼ばれ、エギングや餌釣りで簡単に釣れることから、比較的難易度も低い。

そのため、全国各地で楽しまれているイカだ。

大きめの豆イカ。初挑戦の友人もエギングでキャッチ!

また食べても非常に美味しいことで有名。
まさに今が絶好のシーズン。この記事を読んで、ぜひチャレンジしてみよう!


スポンサードリンク

ヒイカ(マメイカ)ってそもそもどんなイカ?

まず、そもそもヒイカ(マメイカ)ってどんなイカなの?という方向けに簡単にご紹介。

~ヒイカ(マメイカ)とは~


・ヤリイカ科ジンドウイカ属のイカ。胴長10㎝前後の小型種。
・北海道南部以南の沿岸部、朝鮮半島の南部、華北地方に分布している。
・身は柔らかく、美味。大きなものは刺身もいい。煮付けや塩焼き、バター焼きなどどんな料理にも合いやすい。

・潮の流れが穏やかな内湾を好み、小魚のほか、エビ類やプランクトン類を捕食している。

→別名・小イカ、ケンイカ、アカイカ、マルイカなど。

なお、正式名称はジンドウイカ。
この記事では一般的に呼ばれているヒイカ(マメイカ)として扱っていく。

北海道でヒイカ(マメイカ)が釣れる場所について

北海道内でマメイカが釣れる代表的な場所は主に小樽や積丹などが有名だ。

特に昨年は小樽の某岸壁では一人で数百パイ釣り上げる猛者も!

また有名ポイントでなくても、港内では意外なポイントに集まっていることも多い。

道内では狙う人もまだまだ多くないので、自分だけの釣り場を発見してみるのも面白いだろう。

豆イカ釣りの道具について

ではさっそく豆イカ釣りの道具について解説しこう。

先ほども記述したように、マメイカは最大でも胴長10cm前後と、イカの中でも小型の種類になる。

よって道具もそれにともないライトなものが相応しい。

次の項目で詳しく見ていこう。

ヒイカ(マメイカ)釣りのロッド(竿)について

豆イカには、重さ5g程のエギを背負える竿が必要になる。

ただ残念なことに人気なアオリイカと違い、専門ロッドなどはほとんど存在しない。

よって同じオモリ負荷に対応したトラウトロッドアジングメバリングロッドを代用している釣り師が多数を占める。

筆者も現在主に使っているロッドはメバリングロッドだ。

マメイカに最適なロッド
アクション:UL~L。
長さ:6~7f
オモリ負荷:~10g

なお、今回ご紹介するロッドはマメイカだけではなく、ヤリイカなどのツツイカ類全般にも対応可能となっている。

人気どころで安価なものだと、月下美人シリーズがイチオシ。
筆者もこれの一昔前のモデルを使っているが、ストレスフリーで釣ることが出来ている。

繊細なメバルを狙うために作られたこちらのロッドは、ソリッドトップのお陰で豆イカの小さい当たりもビシビシと拾うことが可能だ!

上の月下美人が高いという方には、コスパのよさで有名なメジャークラフトのこちらのロッドもおススメ!

実売価格は5000円ほどにも関わらず、安心のFUJIガイドを採用。
穂先の食い込みも申し分ないので、”ちょっとやってみたいな”という方にも非常に最適だ。

もう少しいいロッドをという方にはこのライトゲーマーも〇

日本を代表するソルトライトゲーマー木村壮大監修の渾身の力作で、感度も抜群。
豆イカだけでなく、ヤリイカ・スルメイカといったツツイカ全般のエギングには最高のロッドだ。

さらに、カーボンで作られた最強の感度を誇るAGSガイドシステムを搭載した月下美人も存在する。

AGSは取り扱いが繊細なため、初心者にはおススメしないが、慣れてきたアングラーにはこちらでレベルアップを狙うのもいいだろう。

今まで取れなかった当たりも取れるようになるはずだ。

スポンサードリンク

ヒイカ(マメイカ)釣りのリールについて

リールについては、今持っているものに2000番程度があればそれでOK!

ドラグを多用する釣りではないので、そこまで高価なリールを用意する必要はない。

安価で安心なものだとシマノのセドナや・・・

今年発売された月下美人MXもいいだろう。

竿とセットで購入すれば統一感も出る。もちろん、今後メバリングなどをする予定があればこちらで揃えるのもいいだろう。

なお、筆者はこちらのストラディックci4+を使用している!
軽いため、イカの当たりも非常に拾いやすい。

ヒイカ(マメイカ)釣りの糸について

お次はマメイカのリールに巻く糸(ライン)選びについて

マメイカはそのサイズに従って、糸もかなり細いものが必要となってくる。

豆イカ釣りの糸
・フロロ~3lb(0.8)程度
・PE~0.3~0.6

よって上の表の太さを目安に用意するといいだろう。

そして夜間に釣りをするため、視認性の良いカラーを選択することをおススメする。

なお筆者がイカ類全般のエギングにしようしているのがこのアーマードF0.3号。

amazon価格だと1000円もしないのにも関わらず、イカ類に使うには強度は十分!

遠投の必要はないので、100mも巻いておけばOKだ!

ヒイカのエギ選びについて

そしていよいよ実際にマメイカを釣るためのエギを紹介していこう。

マメイカはアオリイカと同じようなエギを使用して釣るのだが、なにしろサイズが小さいのでエギのサイズもかなり小さいものが必要となってくる。

基本は1.5~1.8号で揃えるといいだろう。

一番釣果で間違いないのがこのナオリーシリーズ。
マメイカやヤリイカを始めとするツツイカエギング専用設計となっており、信頼は抜群。

上のピンクのようなイカが視認しやすい蛍光色のほか・・・

イワシやアジカラーのようなナチュラル系の色も揃えておけば、どんな場面でも対応できる!

エギのディープとかベーシックって何なの?

さて、ここまででエギに一つ疑問に思った方もいるのではないだろうか。

実はこのツツイカ用のエギには・・・

S(シャロー)・B(ベーシック)・D(ディープ)の3種類が存在するのだ。

その名の通り、エギに付いているオモリの重さによる違いで、ベーシックはディープよりもゆっくりと沈み、シャローはさらに遅く沈んでいく。

そこまでシビアではないマメイカの場合は基本はBで問題ない。

あまりにも潮の流れが速く底が取りにくいときはディープを選択したり、食いが渋いときはシャローを選ぶなど、使い分けで釣果を伸ばしていこう。

ヒイカの誘い方について

実は一番の肝でもあり、難しいのがこの誘い方だ。(どんな釣りでもそうなのだが・・・)

投げ釣りやサビキ釣りなどと違い、ただ投げて適当にシャクっているだとなかなか釣果が上がらないのが豆イカ釣り。

ではどのような誘い方がいいのかというと・・・

図のようなイメージだ。

マメイカは基本的に底にいることが多いため、まずはこのような誘い方を実践してみよう。

ヒイカ(マメイカ)の誘い方~基本

①投げて底まで落とす。

②着底したらちょんちょんと優しく竿をシャクり、また底までフォール(落とす)。

基本的にはこのフォールの段階でエギを抱きに来ることが多い。
なのでフォール中は糸の動きに注目し、まだ着底していないのに急に止まったり、おかしな動きを確認したらスッと合わせてみよう。

イカが掛っていれば、竿先に重みを感じるはずなので、そのまま緩めずに巻き取り、キャッチ!

なお、慣れてくれば底まで落とさずに、カウントでエギがどれくらい深くまで沈んでいるかを予想し、広範囲を誘うことも可能だ。

夜は意外に浮いていることもあるので、型にはまらず狙ってみよう!

まとめ!釣って楽しい、食べて美味しいヒイカ釣りにチャレンジ!

そんなわけで今回は、今がシーズンのヒイカ(マメイカ)釣りをご紹介してきた。

当ブログお馴染みのしまさんの釣果。マメイカだけでなく、ヤリイカもいっぱい。

お手軽なタックルで釣れるにも関わらず、釣り方次第で釣果に大きな差がつく、非常に面白い釣りなのがおわかりいただけただろうか。


また、スーパーでも売られているようにヒイカ(マメイカ)は食べても美味しいことで有名!

釣って楽しく、食べて美味しいマメイカ。
ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

 

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です