目指せ高級食材!?函館港内でクリガニ釣りを楽しむ。

さて季節はあっという間に2月へ。
この時期にもなると水温等の関係で釣り物もぐっと減り、ショアから狙える魚が少なくなってしまうのが例年の流れ。一部の釣り人からは”魔の二月”なんて呼ばれたりするほど釣り師には厳しいシーズンなのだ。

ただそんな暇な時こそ楽しめるあるターゲットが存在するのをご存じだろうか。

クリガニである。

実はgoogle検索で「クリガニ」と調べると1ページ目に当ブログが表示されるほど地味にこのクリガニを愛好する筆者だ見た目は毛ガニそっくりで、味は若干落ちるものの、投げ仕掛け一つで手軽に釣れる上にカニミソは本家にも劣らない絶品。
しかも釣りたては冷凍の毛ガニより旨いほどのナイスなカニなのだ。

そんなクリガニが函館港内で釣れ始めたとの噂を聞き、さっそく捕獲へ向かったのだった。

スポンサードリンク

適当な投げ仕掛けにイカをつけて投入

向かったのはなんの変哲も無い市内某漁港。特に潮通しがいいわけでもなく、底にストラクチャーがあるわけでもない。持論ではあるが、クリガニは函館港内ならほぼ全ての場所で釣れると思っているほど簡単な釣りなのだ。

岸壁際に仕掛けを入れたらあとは放置。

なお今回はたまたま遊びに来ていた大学時代の友人H君も参戦。通り道の釣具店で適当なカレイ仕掛けを購入し、これまた冷凍庫から掘り出した年代物のイカを付けて、あとは岸壁際に落として待つだけ。

そしてヒット!ズッシリ重み。

10分後、外は寒いので車に避難していた筆者らはゆっくりと竿を上げてクリガニがついていないか確認。

すると4本中1本がずっしりとした重み。

kawaguti
お、来てる!
H君
マジ?ぜんぜんわからん!

特に魚と違って引きがあるわけではなく、ただ餌を咥えたカニを海底から引っ張ってくると言うだけの至って地味な作業。
だがしかしリールを巻き上げるスピードが少しでも不規則ならカニは餌を離してまう。
そして北海道海面漁業調整規則によりタモ網の枠が40cm未満のものしか使用出来ないという縛り要素もある奥深い釣りなのはあまり知られていない。

今回はタモ入れを筆者が担当。リールを巻くのはH君に巻かせ海面へ浮いていたクリガニをスッと掬う。

小さいけど1年ぶり!クリガニ登場。

かわいいフォルムで現れたのは紛れもなくクリガニ。
サイズは小さめだが今年初物。お味噌汁に入れて美味しく食べさせていただこうじゃないか。

いったん止まるもぽつぽつと。

それからは20分に一匹ペースでヒット。途中H君とタモ入れを交代してカニを掬い損ねるトラブルも多発したが、再度仕掛けを落とせばまた釣れてくれるのが面白いところ。
一番悔しかったのは拳よりも一回り以上大きいボスクリガニを落としたとき。デカいと枠が小さい分タモ入れの難易度も上がり、網に入る瞬間に仕掛けを離してゆらゆらと海底へ消えていくクリガニ。

真冬の海で男二人「アーーーッ!!オチター!」などと叫ぶのであった。

帰ってからのお楽しみは…。豪華クリガニづくし。

2時間弱でクーラーぎっしり。

そんなこんなでリリース除いて約10杯のカニを捕獲した筆者とH君。

残念ながらサイズはあまり大きい物がいなかったものの、二人で食べるには十分な量。これが本家毛ガニだったら間違いなく数万円単位になるだろう。恐らくカニに疎いH君なら毛ガニだといっても疑うことなく食べてくれるはずだ。

帰宅してすぐに調理に取りかかり、1年ぶりのクリガニに舌鼓を打つ。ちょっと失敗だったのは蒸したせいでカニミソが固まらず、水となって消えてしまったこと。なんか前にもこんな失敗をしてブログに書いた気もするが…。

まあ旨いので気にしてはいけない。

なにより全て食べ終えた後に甲羅酒にしたのだが、体が冷えていたこともあってグイグイ進んでしまった。結局翌日も朝から仕事なのに午前3時まで飲んでしまったのは内緒だ。

クリガニの釣り方はこちら