【2018年】鮭釣り(アキアジ)シーズン終了宣言!今年の釣りを振り返ってみた。

さてさて、8月半ば頃から道東方面から開幕したアキアジ釣り。

あっという間に季節は12月。道内でもっとも遅くまで釣れるとされる道南地方も、ほとんどの地点で終息宣言が聞こえてきたところだ。

筆者の1本目!(8月17日・釧路西港)

今年春から始まったばかりの当ブログでは、北海道を代表するといっても過言ではないこの鮭(アキアジ)釣り情報を積極的に発信してきた。

なお、今年筆者が一番早く入手した情報だと・・・

”8月4日”が道東で本格的に上がり始めた日となっている。

2018年・アキアジ釣り情報!8/4日編

そんな約半年に渡ってお送りしてきたアキアジ釣りをせっかくなので月ごとに振り返ってみようと思う。
来年の釣行に少しでも参考になれば幸いだ。

スポンサーリンク

8月!鮭釣り(アキアジ)シーズン開幕!

まず8月。

毎年全道的にもっとも早く始まる十勝・釧路方面でアキアジが開幕した。

筆者も毎年恒例の道東遠征へ繰り出し、少数ながら銀ピカをゲット!!

そして道南へ戻ってきてからも、河口規制が始まる直前に繰り出し、ポポンと良い型の鮭を吊り上げることに成功し、幸先のいいスタートとなった。

なお、この後も連続して河口へ通ったのだが、あいにくの天候により河口へ濁りが入ってしまう。
そのため鮭を追加することなく9月の河口規制がスタートしてしまった。

9月!道南はまだまだ?道東は中盤から好調!

9月に入り、今まで好調だった道東方面の情報がぴたりと止まってしまう。

それもそのはず。例年9月に入ると定置網が入ってしまうので、漁港内に入ってくる個体数がグッと減ってしまうからだ。

一方で歌別などのひだか地方が爆釣状態に。

9月半ばごろからは道東のアキアジも徐々に回復し始め、当ブログ常連の特派員I氏が2時間で3本釣り上げるなどなかなかの好調だったようだ。

[2018]釧路方面でアキアジ釣り!特派員I氏、怒濤の3連続ヒット!

なお鮭ではないが、9月後半には羅臼でカラフトマスが3人で30本のフィーバーとなっていた。

スポンサーリンク

10月・道南ようやく本格化?

10月。
朝晩はすっかり冷え込むようになり、車中泊で場所取りをすると少し肌寒さを感じる季節に。
この時期は連日のようにしまさんとアキアジへ通いまくる。

特にしまさんに関しては・・・日中仕事、夜イカ、夜中から朝、鮭。
仕事といったいいつ寝ているんだというような過酷労働状態。

しまさん
いやー辛かったw

この時期、札幌近郊の古平川河口や積丹の美国漁港などが本格化。

そして!ようやく道南で8月下旬振りのアキアジをゲット!

道南アキアジ釣行!激シブ状況で久々のアキアジゲット!

これを皮切りに、最大で3本ゲットと何度か好調を記録した。
道南のアキアジ釣り場はあまり知らなかった筆者だが、ここにきてようやく魚の居場所が分かりだすように。

道南鮭(アキアジ)釣行!連続3本ヒットで調子は絶好調!


筆者は乗り遅れ気味だったが、もう少しポイントを見つけるのが早ければ爆釣も夢ではなかったようだ。
来年は10月に入ってすぐ通いたいところである。

なお、この時点で道東・道央はほぼ終了宣言のようだった。

11月。ラストスパート?

そして11月。この時期は遅場の東オホーツク方面が好調に。
まさにラストスパートといった感じで、銀毛のものが複数本釣れる日もあったようだ。

なお、筆者はこの時期すっかりイカにハマってしまい、鮭釣りにほぼ行けず・・・
それでも道南も場所によってはまだまだ数が上がっていたようだ。

特に前半には鮭の遊漁船が好スタートを切り、クーラー釣りをする漁船も!

そして12月!河口規制解禁も、群れ少なく?

そしていよいよ12月。
数年前まで道東専門だった筆者からすると、この時期に鮭が釣れること自体が異常だったが、道南ではまーだぽつぽつと上がっていたようだ。

もう気分的にはすっかりシーズンも終わっていたので行く気はなかった筆者。
しかし、12月前半のある日釣具屋に行くと

「銀ピカの群れ入りましたよ!」と甘い言葉が・・・

筆者
最後に行っとくか。
と軽いノリで気づけば車の運転席に座っていた筆者。

”釣れたのは生涯で一番黒いおブナさんだった。”

なお、11日には河口規制がようやく解禁され、茂辺地川河口などの有名ポイントでも釣り人がちらほらと見られたが・・・

残念なことに川にもほとんどいない状況とのことだ。

八雲方面の河口へ遠征した知り合いは数本上がっていたとのことなので、まだギリギリ狙える様子ではあるが、12月ももう下旬。

これにて終了宣言といっても良いだろう。

まとめ・来年の目標は?

そんなわけで今回は、8月から開幕した北海道の鮭釣りを季節ごとに振り返ってみた。

シーズンが短いと思っていた鮭釣りだが、全道的にみればかなり長い期間釣りが可能なようだ。
なお、筆者の上げた本数は20本弱。

来年の目標は・・・50本を目指したいところだ!

そして!当ブログでは来年、さらなるアキアジ情報のパワーアップを目論んでいる。

ぜひ購読者登録や、facebookの登録を行っていただけると幸いだ!

 

ーーーーーーーーーーーアキアジ関連記事ーーーーーーーーーーー

アキアジ(鮭)の釣り方!浮きルアーと浮き釣りの仕掛けを解説!

アキアジ(鮭)の釣り方!投げ釣り(ぶっこみ)と垂らし釣りの仕掛けを解説!

2018年・アキアジ釣り情報!大爆釣日から貧果まで随時更新!

【2018年版】アキアジ釣りにおすすめルアー3選!【浮きルアー】

[2018年]止別川・興部川などのサケ(アキアジ)・マス河口規制はなぜ追加されたのか。

魚を美味しく持ち帰る方法を考える。鮭をストリンガーに繋いで放置はNG?

サケ(アキアジ)の味は産地で変わる?アンケートを実施して検証!!

アキアジ(鮭)が釣れない理由は?3つのコツで原因を解明![浮きルアー編]

[2018]今年の鮭(アキアジ)は型が小さい?実は○年魚がほとんどだった!

浮きルアーのお手入れ方法は?そのまま放置はNGだった!

スポンサードリンク

最新情報をチェックしよう!