【2018年版】アキアジ釣りにおすすめルアー3選!【浮きルアー】

LINEで送る
Pocket

さあさあ、今年は異例の好スタートを切った道内のアキアジ釣り。

十勝・釧路方面を皮切りに、太平洋全域で好調。
つい先日には道南方面でも上がり始めるなど、今年は本当に魚が多いようだ。

恐らく、読者のみなさまの中にも、すでに何本もあげたよといった釣り師のみなさんも多いはず。

しかし!!

一方で、まだ今季1本も上げられてない・・・といった方もいるのではないだろうか?

今回はそんな方のために!今回は筆者選りすぐりのルアー3選をご紹介!

この記事を見れば釣れる確率大幅・・・UP!?


スポンサードリンク

第3位!エンドウクラフト・サモメタ

数年前に発売されたこちらのサモメタ。

発売当初から人気を博し、今では釣り場で見かけるアキアジルアーの3本指に入ると言っても過言ではないだろう。
今もアキアジのハイシーズンには売り切れが続出の大人気スプーン。

ラインナップは35/45/55g

手に取ってみれば分かるが、このサモメタは3次元構造となっている。
ということはどういうことか。

フラットではなく、水を噛みやすいので遅巻きでもしっかりとした泳ぎが可能になっているのだ!

アキアジ釣りにとってデッドスローで良く泳ぐのは非常に重要。

もしまだ未使用の方はぜひ使ってみて欲しい。

第2位!アキアジクルセイダー・ミラーブルー

2位はもう誰もが知っているアキアジクルセイダー!

なんだ、クルセイダーが釣れるのは当たり前でしょ。と思われたそこの奥様。


”ミラーブルー限定です”

このミラーブルー、アキアジ釣りに精通している方ならすでにご存じだと思うが、本当に人気だ。

先日道東へ遠征した際はこのミラーブルーだけを投げ続けていた釣り師だけが一人勝ち状態を目撃するなど、非常に実力が高い。

一説では、太平洋やオホーツクにしか通用しないという話もあるのだが、ご心配なく。
実は、先日の道南釣行で全体7本の中、2本を引き出してくれたのがコレ。

迷ったときの1本として、頼もしい味方となってくれるだろう!

スポンサードリンク

トップの前に・・・番外編!アキアジ釣りにニューフェイス?

1位をご紹介する前に、昨年発売された全く新しいタイプのルアーをご紹介。

こちらのサモペンは、サモメタと同じエンドウクラフトから発売されているルアー。

特殊な形なのがお分かりいただけるだろうか。

そう!アキアジ釣りには異例のシンキングペンシルなのだ。

そしてなんとこちらのサモペン・・・フロートが必要ない!!

ということは、余計な空気抵抗がなくなり、圧倒的飛距離を実現できてしまう。

アクションは35gだとウォブリング、45gや60gだとロールが主体になるとのこと。

なお、気になる釣果の方だが、実際にサモメタでアキアジを釣り上げている筆者のフォロワーさんも多数おり、実績は大!

新たなサーモンゲームの先駆者的存在になること間違いなしだ。

第1位!フジワラ・鮭勝

そして堂々の1位はまだ発売されたばかりのフレッシュなルアー!

それが・・・

フジワラ・鮭勝!!

今年の7月に発売されたばかりにも関わらず、ものすごい勢いで売れているこちらのスプーン。
アキアジ釣りのスペシャリスト、畑沢勝博氏が監修を行っている。

今やカタカナや英語でおしゃれな名前のルアーが多い中、非常に男らしいネーミングだ。

このスプーン、他に余り見ない独特な形状をしているのがお分かりいただけるだろうか。

鮭勝はまるで波を打つかのようなボディを実現し、この波の部分で潮をしっかりと受け、なんともいえないゆらめきを実現している。

ラインナップは45g

この波形形状は渓流のスプーンではたまに見かけるのだが、アキアジ用品としては非常にレア。(他にない?)

なお、筆者の先日の道南釣行では、半数以上の釣り師がこの鮭勝を使用していた!


今後、さらに使用される機会が増え、各地で朗報が聞こえるのは間違いないだろう。

サモメタとともに品薄になる可能性も少なくない。

今年一番のおすすめのスプーンだ。

なお、鮭勝には専用のタコベイト、勝タコが販売されている!

 

専用というだけあり、鮭勝本来の泳ぎを出したいならこちらも合わせて用意したい。

鮭勝のデメリット

大人気の鮭勝だが、実はデメリットが1点。

それは・・・

飛距離が出にくい。

潮を受けやすい波型ボディだが、実はこれによって風の影響も受けやすくなっている。

また、同重量のスプーンに比べワイドボディなことも要因の一つ。

しかし!その分アキアジを魅了する泳ぎなのは間違いない。

極端に飛距離が必要な場面でない限り、問題となることは少ないだろう!

まとめ・新顔続々のアキアジスプーン!

そんな訳で今回は、アキアジ釣りにおすすめルアー3選をご紹介してきた。

お馴染みのクルセイダーから今年の新作、鮭勝までどれも釣り場で輝くこと間違いなしのルアーたちだ。

今季釣れた人もまだな人も、ぜひ1度手に取ってみて、新たな1本を手に入れられることを願っている。

—–関連記事—–

スポンサードリンク

 

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です