本当に美味しい鮭とばの作り方!調味料一つで市販品の味を再現!!

ビールのお供に欠かせないおつまみ”鮭とば”

とばといえば・・・噛めば噛むほど旨みが出て、ついつい食べ過ぎてしまう美味しさ。
世の中のお父様たちもこの鮭とばファンはかなりいるはずだ。

そんな鮭とばの中でも筆者が一番好きなのが、食べやすいようにあらかじめ薄くスライスされた”鮭とばイチロー”という商品。

しかし、この鮭とばイチロー。
数百グラムで3000円を超えるほど、メチャクチャ高価なのだ。

それならば・・・自分で作るしかないだろう。

そんなわけで今回の記事では、あの”鮭とばイチロー風”とばの作り方を解説していく!

スポンサーリンク

鮭とば作りの注意点


実際に作る前に、注意したいのが鮭とばを作る季節について。

数日間に渡って乾燥工程を行うとば作りでは、高温多湿は厳禁。場合によってはカビが生えたり、最悪の場合には腐って食べられなくなってしまうことも、

よって夏場に作るのは避け、北海道なら10月下旬以降など気温が一桁代になってから作り始めよう。

それまでに入手したサケは、半身にして冷凍庫で保管しておくのがベターだ。

鮭とばの作り方!下処理編

ではさっそく、作り方についてみていこう。

料理が苦手な方でも調味料一つで簡単に出来てしまうので、是非一度お試しあれ。

用意するもの
・大き目のまな板
・包丁(可能なら出刃包丁)

サケの捌き方についてはこちら↓

まず皮を引くのだが、腹びれなどが残っていると邪魔になるので端を切っていく。(カットした身はあとで塩焼きなどで食べるのが吉)

皮を取り除いた状態。刺身の要領でするすると引いていく。この時、失敗して皮に身が残っても気にせずOKだ。

無事に皮を引けたら、お次は腹身部分をカットする。そのままでもいいのだが、とばにすると脂っこくなりすぎてしまうので出来れば取り除こう。

取り除いた腹身部分は塩焼きなどで美味しく食べられる。

そしてこちらが下処理が終わった状態。

小骨を気にする方は、このタイミングで骨抜きを使って取り除くと良いだろう。

味付け編~

捌き終わった身は、幅1cmほどに薄くスライスしていく。

あまり厚くしすぎるとなかなか干し上がらないので注意が必要。

意外なあの調味料に漬けるだけ!

そしてここからが”鮭とばイチロー風”とばの大事なポイント。

あの噛めば噛むほど癖になる、旨味たっぷりの味を再現していくのだが、漬けこみ液に使うのはたった一つの調味料。
北海道民なら愛用している方も多いだろう。

それが・・・

”めんみだ”
特に薄めるなどの工程は必要なく、男らしいストレートで使用していく。

ジップロックに先ほど切ったサケを入れていき、このめんみをどぼどぼと入れる。量はサケの切り身全体が浸かるくらいが目安。

こちらがすべて入れ終えた状態。めんみ1本で大体4~5本は着けることが可能だ。

あとはしっかりと密封して冷蔵庫に投入し、5~6時間ほど寝かせる。

味が均等につくよう、定期的に裏返すのが美味しく作るポイント。

干すだけ!絶品鮭とばの完成。

漬けこみが終わったら、ザルにあけて水気をしっかりと切る。

大体10分ほど経てばOK。あとは市販の魚干しネットに並べて、干していくだけで完成だ。

干す場所は日陰。身と身同士が重ならないように丁寧に並べていく。
なお、天候状態にもよるが干す時間は秋で4~5日ほど。冬はもう少し時間が掛かる。
触ってみてべたつかなくなれば食べごろだ!
なお、干している間は表面が乾いてきたらひっくり返すのを忘れずに。

完成!絶品鮭とばをご賞味あれ。

そんなわけで今回は、まるで鮭とばイチロー!?な絶品鮭とば作りをご紹介してきた。

少し時間はかかるものの、必要な調味料はめんみ1本だけと非常にお手軽なのが魅力。

なお、実際のお味はというと・・・

しっかりと味がついていて旨味たっぷり。これはほぼ”とばイチ”に近いといえるだろう。

さすがに本物には敵わないが、大量生産出来てこの味なら思わずニヤリとする完成度。

ぜひ一度、お試しあれ。

——–関連記事ー材料のサケを釣りに行こう——–

アキアジ(鮭)の釣り方!浮きルアーと浮き釣りの仕掛けを解説!

アキアジ(鮭)の釣り方!投げ釣り(ぶっこみ)と垂らし釣りの仕掛けを解説!

スポンサードリンク

記事を読んで釣りに行きたくなりましたか?

きっと海は釣り日和!道具を買って、さっそく出掛けましょう。

最新情報をチェックしよう!