サケ(アキアジ)の捌き方!イクラや白子の取り方まで優しく解説

さて、本日はサケ(アキアジ)の捌き方について。

初めてサケを釣った方や、ご友人などに丸ごと1本もらった方などでお困りの方に参考になれば幸いだ。

なお、この方法は今がシーズン真っ盛りのサクラマスなどにも応用できる。

サケ(アキアジ)の釣り方についてはこちらから↓

アキアジ(鮭)の釣り方!浮きルアーと浮き釣りの仕掛けを解説!


スポンサーリンク

サケ(アキアジ)の捌き方~いくらを取り出す

用意するもの
・大き目のまな板
・包丁(可能なら出刃包丁)


まずはメスのサケの捌き方から。

頭をまな板の右側に置き、下あごと本体のつなぎ目を切る。

次にお尻から浅く包丁入れ、頭に向かって切っていく。

ゆっくり丁寧に。この時、包丁はあくまでも刃先だけを滑らせるように。イクラを傷つけないようにするのがポイント。

ここまで切れればOK。

開き終わったら、内臓の薄い膜などを包丁の刃先で切る。

あとは慎重にイクラを取り出していくだけ。

これでイクラの取り出しは完了!

取り出したイクラは、新鮮なうちに自家製の醤油漬け作りなどに加工しよう。

絶品いくらの醤油漬けの作り方!【釣り師流】

白子の取り出し方


白子の取り出し方はいくらの手順と同じ方法で取り出すことが出来る。

メス同様、お尻から包丁を入れた後、同じ位置まで開き終わったら、ゆっくりと白子を取り外す。

なお、取り出した白子はバター焼きや天ぷらにするととても美味しく食べることが可能!

サケ(アキアジ)の捌き方~切り身まで


イクラや白子を取った次は、スーパーで売られているような食べやすい切り身にしていこう。

まず、イクラや白子を取り出した後、内臓をすべて取り、血合いを取り除いていく。

包丁の先を血合いの膜に刺し、スーッと切れ目を入れる。

包丁で入れた切れ目に指を入れ、血合いをこそいでいく。指以外にもスプーンでも取り除いてもOK。流水で洗い流しながら、しっかりと取り除く。

ワンポイント
サケはアラまで食べられるので、血合いを残すと臭みが残ってしまう。
面倒でも綺麗に取り除くようにしよう。


全て取り除き終わったら、キッチンペーパーや布巾などを使って水分を取り除く。

エラブタの付け根に包丁を入れ、背中側を切る。裏返し、反対側も同様に。

両方から切れ込みが入ったことで、すんなりと頭を外すことが出来る。取り外した頭はアラ汁用に取っておこう。

頭を再びまな板の右側に置き、中骨の上から包丁を入れて、骨の上を滑らせるように切っていく。

慣れないうちは焦らず慎重に。尾までいったら、本体と身を切り離す。

これで片側は完成!全て捌き終わるまでもうひと頑張りだ。

残った半身を裏返し、先ほどと同じように中骨の上から包丁を入れて捌いていく。身を持ち上げながらやるとうまくいきやすい。

完成!

あとは捌き終わった半身をまな板に置き、お好みのサイズに切っていけば切り身の完成だ。

アラの捌き方について

お次はアラ汁用の頭や骨の捌き方をみていこう。

まずは頭から。向かって自分側に頭を向け、上あごの中心から包丁を入れる。写真は撮影用のため写っていないが、実際はタオルなどで掴んでしっかり固定しながら捌こう。

包丁の背に手を当て、力を入れて叩き割る。

無事に半分に分かれたら、下あごにも包丁を入れて切り離そう。

割った頭は、このままだと食べにくいので食べやすい大きさにカットしていく。

目と上あごの間に刃先で切れ込みを入れる。(写真参考)

裏返してさきほど入れた切れ込みに合わせ、エラブタ上の辺りまで包丁を入れて切り離す。

この部分は分かりにくいので真上からの写真も。

表に返し、先ほど包丁を入れた半分辺りで切る。

これで完成。上は浅く切りすぎてしまっているので、下が正しい切り方だ。

背骨の切り方


切り方といっても、こちらは食べやすい大きさに切っていけばOK。

背びれと尻尾以外は全て美味しく食べることができる。

まとめ!サケを捌いて美味しく食べよう!

そんなわけで今回は、北海道の秋の味覚「サケ(アキアジ)」の捌き方をご紹介してきた。

なんと日本は世界の漁獲量の3分の1を消費するほどのサケ大好き国家。

サケは各種ビタミンはもちろん、生活習慣病の予防に役立つEPAやDHAなどが豊富で、体にもとってもいい。

今年はぜひ、自分で捌いたサケを丸ごと一本美味しくいただいてみてはいかがだろうか。

スポンサードリンク

最新情報をチェックしよう!