うなぎ釣りの餌や釣れる仕掛け、道具の選び方を公開!

LINEで送る
Pocket

さて、前回に引き続いてうなぎ釣りの記事!

↓最新記事完成!
→第1弾 うなぎの釣り方をご紹介!釣れる時期や穴場ポイントの探し方とは

→第3弾 うなぎを大漁に釣るための5つのコツとは?重要なのは餌や時間帯!

→第4弾 うなぎ狙いは外道が多い?川や河口でよく釣れる魚について

第5弾 うなぎの捌き方!初心者にも簡単なカッターを使う方法!

今回は実際に釣るのに必要なものをご紹介。

主に用意する物としては

・竿やリールなどのタックル
・仕掛け(三脚やケミホタルなども)
・餌のミミズなど

今回の記事では、これらの物について順番に解説していこう。

このページを見ればあとは釣り場へ行くだけ!


スポンサードリンク

~うなぎの釣り方!タックル選び~

まずはタックル(竿やリール)選びについて。

と、その前に今回は特別ゲストをお呼びしたので登場してもらおう!

荒川のうなぎ
こんにちは。重要なポイントはボクが説明するよ!

今回、重要な場面ではこの荒川うなぎくんが説明をしてくれるので、ぜひチェックしていただきたい。

竿の選び方

竿については、釣り具店で安いコンパクトロッドでも十分!

うなぎ釣りの場合はあまり遠くに飛ばす必要は少ない。オモリ負荷は10~20号程度のものでいいだろう。

むしろあまり硬い竿を選ぶと、せっかくのうなぎの当たりを取り逃してしまうことも考えられる。

荒川のうなぎ
あまり硬い竿はキライだよ

ただ、うなぎだけじゃなくて他の魚にも使いたい!という人は少し奮発して入門モデルの投げ竿を買うのもオススメだ。

その場合、このような3.6mから4.25の投げ竿を用意するのがいいだろう。

↑のホリデースピンクラスの竿を購入すれば、ちょい投げでのキスやカレイなど他の釣りにも流用できるので非常にgood!

竿の本数について

初心者の方の場合は「え?1本で良いんじゃないの?」と思われるかもしれない。

しかし!うなぎを全般とする投げ釣りの場合は、最低でも2本、出来れば3本用意するのがオススメだ。

その理由は、1本を近場、2本目を遠目と投げ分けたり、数種類の餌を付け分けたり出来るから。

またトラブルが発生しても別の竿で釣りを続けられるなど、竿の本数を増やすのは非常に重要。(もちろん限度はあるけれど)

リールの選び方について

竿同様、絶対に無くては釣りに行けないのがリール。

うなぎ釣りだけに使うなら遠投性能の良い投げ専用リールじゃなくてOK。

2500番から4000番のスピニングリールを持っていればそれを流用してもいいし、無ければ釣り具屋さんで売っているワゴンセールのものでもいいだろう。

ただ、投げ竿と同じように他の釣りに流用することを考えるなら、大体5000円程度のものを用意しておけば完璧だ。

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です