うなぎの釣り方をご紹介!釣れる時期や穴場ポイントの探し方とは

LINEで送る
Pocket

毎年梅雨時期になると熱くなるのがうなぎ釣り。

この釣りが良いのはなんといっても食べて美味しく、釣って楽しいところ。
蒲焼きの旨さはもちろん、あのうなぎ独特のグルグルとローリングする引き味は他の釣りでは味わいにくいものである。

筆者が人生で一番好きな釣りも実はこのうなぎ。

「北海道の釣りブログなのになんでうなぎ釣りなんだよ。」とお叱りが来るかもしれないが、
実は筆者、約10年前に東京に住んでいた際に年間100本以上(リリースサイズ含め)を釣り上げるほどうなぎ釣りにハマっていた。

そして奇跡的にボウズ回数はゼロ。

筆者が釣り上げた泥抜き中のうなぎ。うなストックと呼んでいる。

そんなわけで今回は、魅力たっぷりのうなぎ釣りについてご紹介!

続編はこちらから!

→第2弾 うなぎ釣りの餌や釣れる仕掛け、道具の選び方を公開!

→第3弾 うなぎを大漁に釣るための5つのコツとは?重要なのは餌や時間帯!

→第4弾 うなぎ狙いは外道が多い?川や河口でよく釣れる魚について

第5弾 うなぎの捌き方!初心者にも簡単なカッターを使う方法!

うなぎの釣り方!釣れる時期は?

うなぎ釣りというと、難しいイメージを持たれる方も少なくないはず。

しかし、時期とポイント、そして餌をしっかりと選べば初心者にも簡単に釣り上げることが出来る。
少し変わった釣り方だと竿を使わずにペットボトルで釣ることも可能だ。(ペットボトル釣法については後日更新の仕掛け編にて)

じゃあ、さっそく本題に移りたい。

うなぎがよく釣れるのはやっぱり夏!

まず時期について。

うなぎは土用の丑の日があるように夏がシーズン。

一番釣れるシーズンは6月の梅雨時期から10月初旬までだろう。

では冬時期は釣れないのか?と疑問を抱かれる方もいるかもしれないが、実は冬も釣れる。

ただ、水温も低く、うなぎ自体の活性が低いため、釣れる本数はグッと少なくなるのでなかなかシビアな戦いになる。

初めてうなぎ釣りにチャレンジする方は夏のベストシーズンに竿を出すのがオススメだ。

幻の戻りうなぎについて

うなぎは海で生まれ、川で育った後、また海で産卵する。
実はその川から海に戻るウナギは「戻りうなぎ」と呼ばれ、鱗は銀色になり、太さも立派な個体が多くなる。

釣り上げた戻りうなぎ。うっすら銀色。

筆者も数年間うなぎ釣りをしていてわずかな数しか釣り上げたことがないが、大きい物だと手首くらいの極太になり、引きが非常に強く楽しい。

ただ、近年よくニュースで目にするように、うなぎは希少な魚となりつつある。

資源保護のため、「戻りうなぎ」が釣れた際は持って帰っても1本だけなど、出来る限りリリースするように心がけたい。

昼間にうなぎが釣れる!?釣れやすい天気について

うなぎは夜行性。
なので釣れる時間は夜となる。

しかし、昼間でも釣れてしまう天気がひとつ!
大雨の翌日。これくらいの濁りがちょうどいい。

それが雨が降った後の濁った川だ。

昼間は基本、岩陰やテトラポッドなどに隠れてジッと身を潜めているうなぎ。
でも、雨が降った後の濁りが入った川では昼間でも釣れてしまうのだ。

明るいうちに釣れた極太うなぎ。

もちろん増水すれば(限度はあるが)うなぎの活性も上がるので夜も数釣りできることが多い。

なので初めてうなぎを狙うときは雨の日の翌日を狙うと吉!!

ポイントの選び方について

ここで一番気になるのはポイントの選び方だろう。

「うなぎなんて四万十川みたいな綺麗なところじゃないの?」と思われているそこの奥様。

実は東京のど真ん中の荒川や江戸川で釣れちゃうんです。

筆者がよく釣っていたのは埼玉県川口市の橋下。自宅からチャリで行ける場所のためこの場所に良く通っていた。

真上には某JRが走り、友人と話しながら当たりを待っていても「ガタンガタン」と電車が通度に会話がかき消されるような場所。

もちろん、対岸には街明かりが見える。
そんな場所でも年間100匹以上のうなぎを釣り上げることができたのだ。

なので都心はもちろん、大阪などの大都市でもうなぎを釣るポイントは多数存在する。

ただ、さすがにここで全てのポイントをお教えすることは出来ないので簡単に釣り場を知る方法をひとつ。

それは「上州屋さんやキャスティングさんなどの最寄り釣り具店で聞く!」という方法。

店に入って店員さんを見付けたら「あのー、ここら辺でうなぎが釣れる場所ってありますか?」と腰を低めに声を掛けてみよう。

恐らくほとんどの店舗で快く教えてくれるはずだ。
筆者が前回東京旅行で千葉市のある釣り具店さんで聞いた際には、分かりやすいマップまで見せて説明してくれた。

実際に自分の足で探す方法

あと実際に探すとすれば、うなぎの釣れる川を調べてよさげな場所に行ってみること。

この時にgoogleマップを航空写真状態にして、釣りが出来そうな橋の下や河川敷をチェックしてから行くのが良いだろう。

時間に余裕があればまず昼間→そして夕方に下見する流れがオススメ。川の周りは危ない場所もあるので、まず明るい内に下見するのがいいだろう。
そして夕方に再度行ってみる。良いポイントなら実際にうなぎを釣っている人を見付けられはずだ。(まるでカブトムシ探しのよう)

まとめ

ここまで、筆者の経験を元にうなぎの釣り方・釣れる時期やポイントについてご紹介してきた。

この記事を読んで「私でもうなぎが釣れるかも」「うなぎを釣ってみたくなった!」と思っていただければ幸いだ。

釣って楽しい。食べて美味しい。そんな素敵なうなぎ釣りをぜひ楽しんでいただきたい。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です