堤防からししゃもが釣れる!?ししゃもの釣り方や仕掛け、誘い方を解説!

LINEで送る
Pocket

みなさんは北海道の堤防釣りで、非常にレアな魚が釣れるのはご存じだろうか。

小さいのに1匹100円くらいの値段が付き、塩焼きが美味しい魚だ。

子持ち○○としても有名。

そして鵡川が名産の・・・

なんと本ししゃもだ!

普通、え?ししゃも釣りなんて聞いたことないよという方が大半なはず。

ではどんな釣り方で釣れるのかというと・・・

超お手軽なサビキで釣れてしまう!
これだけで気になった人も多いのではないだろうか。

そんなわけで今回は、そんな高級魚ししゃもの知られざる釣り方を解説していく!


そもそも本ししゃもってどんな魚?

まず初めにししゃもの簡単な生態について。

~ししゃもとは~

・サケ目キュウリウオ科シシャモ属
・大きさ約18cm
・晩秋に産卵のため、川へ遡上する。
・8月半ば~11月までの北海道の太平洋側でしか釣ることが出来ない。

恐らく、本州の皆さんがししゃもと聞いて想像するのはカラフトししゃも(カペリン)の方だろう。

しかし、今回紹介する本物のシシャモは味も値段も全くの別物。

是非一度、この本物の味を釣って食べてみて欲しい!

ししゃもの釣れる地域は?

ではさっそくししゃもの釣れる地域についてご紹介していこう。

先ほどの項目で記載したように、ししゃもは基本的に北海道の太平洋側でしか釣ることが出来ない。

従って釣れる場所も非常に限られている。

しかし!居る場所にさえ行けば100匹越えの大漁を目指すことも可能だ。

そんなししゃも釣りで有名な場所といえば道東の釧路港一帯だろう。
→港には立ち入り禁止場所もあるので釣り具店で事前に聞くのがオススメ。

あとは十勝の厚内漁港でも釣れるという情報を目にしたことがあるが、一番確実に釣りたいなら釧路まで足を伸ばそう!

ししゃも釣りのタックル(竿とリール)について

ししゃも釣りではサビキ釣りが主な釣り方となるので、現地でもサビキ竿を用意している釣り人が多い。

ただ、長さがあまり必要になる釣りではないので、オモリ5号程度が背負える3.60m程度の安い磯竿でOK!

ちなみに筆者は7フィートのLアクションのルアーロッドを使用している。

大漁を狙うなら、置き竿と手で誘う竿と2本用意するのが望ましい。

ししゃも釣りのリールについて

ししゃも釣りのリールは・・・何でもOK(笑)
今ロックフィッシュなどで2000番ほどのリールを持っていればそれで十分代用が可能だ。

もし専用にこだわって購入するなら1000~2000番クラスの小型リールを用意しよう。

↑糸付きで3000円

なお、この釣りに関しては筆者は900円のワゴンセールのリールを使っている。
糸もナイロンでもPEでも何でも可能。

群れが来て忙しくなるとついリールを地面に直置きしてしまうことがあるので、むしろ高いリールはもったいない!

非常にお財布に優しい釣りだ。

ししゃも釣りの仕掛けは?

一番気になるのがこのししゃもの仕掛けだろう。

一口にサビキと言っても号数だったりスキンや皮などいろんな種類が存在する。

初めての方がししゃもを釣りに行く際にとりあえずこれだけは買っておいて欲しいと思うのが・・・

「白ハゲ皮・7~8号。」

これだけ!

この白ハゲ皮の商品でも特に釣れる商品があるのだが、それは現地の釣り具店で実際に探してみてほしい。
その方が釣れる楽しさも倍増するはずだ。

ししゃも釣りの餌について

ししゃも釣りで使う餌はたった1種類。

それが釣り餌の王様、アオイソメだ。

塩は関係ないのでご注意

意外かもしれないが、生イソメの新鮮なヤツをサビキの針1つ1つに付けて釣る。

この時、垂らしの長さは1cmほど。

全ての針に付け終えたら、あとは海へ投入するだけ!

ししゃもの釣れやすい時間帯について

ししゃもは日中でもポツポツとは上がるものの、数を狙うなら他の魚同様にやはり朝か夕方がベスト!

ししゃもは居着く魚ではなく、アジやイワシと同じように回遊して釣り場にやってくる。

特にマズメの時間帯なら全ての針にししゃもが掛かってくるなんていう夢のような状況にも・・・
頑張って釣れる時間帯を狙ってみよう!

ししゃも釣りの誘い方!

仕掛けを海に投入したら、底に着底するまで待とう。

底までしっかり着いたのを確認したら、ベールを戻し、糸ふけを取る。

あとは底をトントントンと一定のリズムで叩くだけ。
底を小突くイメージと言えば分かりやすいだろうか。

数年間、最大で一日300匹以上釣った経験からするとししゃもの当たりがあるのは9割がベタ底。

そしてサビキの一番下か2番目に食ってくることが多い。

しばらくしていると、群れが居れば当たりが来るのでスッと竿を上げるイメージで合わせ、巻き取るだけ。

すると・・・

パールピンクの美しい魚体のししゃもが釣れる!

まるでそっくりさん!キュウリウオとの見分け方

ししゃも釣りをしていると、間違えやすいそっくりな魚が良く釣れる。
それが、キュウリウオ。

試しに上の写真を見て欲しい。

2匹はししゃもなのだが、1匹だけキュウリウオが混じり込んでいる。
どれかお分かりになるだろうか・・・

正解は右のお魚!

大きさがほぼ同じな上に、色まで一緒なので素人目だと非常に間違えやすい(毒などはないので普通に食べれる)

見分けるポイントとしては、

・口を開いたときに小さな2本の牙があるか。

・キュウリのような青臭い臭いがするか。

といった点を注意して観察してみよう。

なお、慣れてくれば一目で見分けることが出来るのでご安心いただきたい。

まとめ・高級魚ししゃも釣りの世界へ

そんなわけで今回は知られざる高級魚ししゃもの釣り方をご紹介してきた。

北海道の道東限定と場所は限られてしまうものの、道具も揃えやすくサビキ釣りという簡単な釣り方で狙える手軽なお魚!

そしてなにより、一夜干しにして食べたら・・・

もう手が止まらない絶品だ。
一度食べるとスーパーで売られている子持ちししゃもが食べられなくなるほどの旨さ。

是非一度、狙ってみてはいかがだろか。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です