釧路でのサクラマス・おすすめルアー5種類をご紹介!![実績アリ]

LINEで送る
Pocket

こんばんは。kawagutiです。

前回、2回連続でお届けした釧路のサクラマス釣行。
その1
その2
まさかの直前落としはしたものの、一応本命には出会うことが出来た。


釧路でのサクラマスにおススメ実績ルアーご紹介!

そんな釧路はまさにこれからがシーズン最盛期。

筆者も以前、この地に住んでいたときはかなりのサクラマスに出会うことが出来た思い出の土地だ。

そんなわけで今回は釧路のフィールドでの筆者おススメのルアー5種をご紹介したい。

ぶっちゃけ、どれか投げていれば必ず釣れるといっていいほどの実績ルアーたち。

今回ご紹介するルアーは漁港や防波堤向けなのでそこだけはご注意を。

では釧路を訪れる機会があれば、ぜひお試しあれ。

第5位!

第5位 DUO SPEARHEAD RYUKI 80S

第5位はDUOから発売されているRYUKIの80s。

RYUKIといえば渓流トラウトにも大人気のルアーだが、この大き目な80sは堤防からの海サクラにも絶大な効果を発揮する。
着水後の立ち上がりも早いので、アクションがつけやすいのもポイントだ。


第4位    SMITH Dコンタクト85

もう釧路でサクラマスを狙っている人なら知らない人はいないだろう。

それもそのはず、釣り場にいる人の竿先を見ると8割がこのDコンブルピンカラーを投げている。

それくらい実績のあるルアーで、値段は少々高いがとりあえずタックルケースに忍ばせておくのがおすすめ。

昔、年配のお爺ちゃんが投げ竿にこのDコンを付けてサクラを釣り上げるのを見たことがあるくらい.

あまりに使っている人が多いのでもはやエサという認識でもいいだろう。


第3位
bassday シュガー2/3ディープSG 92F

次にご紹介するのはbassdayのシュガー2/3ディープSG 92F

「え?普通のシュガーディープじゃないの?」と思われるかもしれないが、こちらはシュガーディープの潜行レンジを浅めに設定したバージョン。

シャフトグライダーシステムのお陰で飛距離も伸びるし、

なによりサクラマスの回遊レンジにドンピシャなのか、結構な頻度でバイトを誘発してくれる優れものだ。


第2位
SMITH チェリーブラッド DEEP 90

このルアーはトータルで換算すると一番サクラを上げているかもしれない。

チェリーブラッドにも色々な種類があるが、断然おススメはDEEP

とにかく足場の高い堤防でもしっかり際まで泳いでくれるし、ピックアップ寸前でのバイトも逃さない。

かなり早めのアクションでも水面から飛び出さない。と三拍子揃った逸品。

なお、先日サクラを掛けたのもこのチェリーブラッド。

おススメカラーはブルピンだ。


第1位

堂々の1位はジップベイツから出ているリッジディープ 90ss。

実は筆者も使っていたのは道東を離れるまでの1年間だけなのだが、後半はこのルアーばかり投げていたほどよく釣れた

最高記録は夕マズメで3連続ヒット。

それもそのはず、北海道ではあまり馴染みのないこちらのルアーだが、

福井県の九頭竜川などでよく使われており、現地では売り切れが起きるほどの人気ルアー。

まさに本州版のDコン。といったところだろうか。

Dコンよりも飛距離が出て、遠くを回遊するサクラマスにも効き目抜群。

本当は紹介したくないくらいのおすすめルアー!!


まとめ

いかがだっただろうか。

詳しい方なら、「そんなルアー当たり前だよ」と言われてしまうかもしれないが、

釣り初心者やまだどんなルアーを投げればいいかわからない方などに、少しでも参考になれば幸いだ。

それでは、皆様がサクラマスに出会えることを願って。

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket