【2018年・アキアジ情報】特派員I氏が今季1本目をようやく上げた!

LINEで送る
Pocket

さあ!タイトルをご覧いただければお分かりいただけるかと思うが、
毎日当ブログにアキアジ情報を提供してくれているI氏から、今朝方ようやく1本目を上げたとの連絡がきた!

・・・軽く10連敗ボウズだったI氏。

果たしてどのように1本目を上げたのか。

今回はその模様をお伝えしていく!

スポンサードリンク

まず朝練に!アキアジ目指して昆○森へ!

まず初めに、連日ある程度は釣れている昆○森漁港へ向かった特派員I氏。

夜中から集う釣りキチたち

釣り開始してすぐに同行者が浮きルアーにて1本GET。

明るくなるにつれ、周りもぽつぽつと上がり始める。

”しかし、I氏には当たりが無い”

次第に浮きルアーも巻き疲れてきたので、いったん撤収。

なお、午前4時から8時くらいまでで全体10本前後と昨日とほぼ同じコンディションだったとのこと!

スポンサードリンク

リベンジラウンド。近郊漁港へ!

いったん帰宅し、家の掃除やらを済ませたあと、再び釣りへ向かったI氏。

なにしろ今日は休み。マ○オの無敵状態で車を走らせる。

写真に収めるために浮き3つを近づけて写真を撮ったI氏。素晴らしい特派員魂だ。見えないけど

向かった先はI氏のホーム。

気合いを入れて浮きルアーに浮き2本の本気仕様で釣り開始。


投げ入れて2時間が過ぎた頃、筆者が遠征時に託した自作浮き仕掛けに反応。

まず1回、チョコン。ウグイか?

2回目。軽く沈む。
構えるI氏。期待に心臓の鼓動が早くなる。

どうやら本命臭い。餌に興味を持たせるため、チョンチョンと軽く誘いを入れる。

そして3回目!これは間違いない!思い切りアワセ!!

”乗った!”

もうこの時点で隣の釣り人に声を掛けるI氏。

10連ボウズでようやく掛けた魚。絶対に逃がしたくない。

ジャーっと一回走られたあと、ジャンプ。
ハシリの魚だけにトルクフルなファイトだ。

見えてきた魚体は銀ピカ。

最後の力を振り絞って暴れる前に隣の方がネットイン!

!!

見事なオスのアキアジをGET!

餌は塩〆のカツオ。
おめでとう!特派員I!!

この後、夕方まで粘ったが、本命の当たりはなし。
しかし、1本上げただけでも十分だろう!

ようやく釣れた特派員!

そんなわけで今回は、当ブログお馴染みの特派員I氏の釣行記をお送りしてきた。

朝マズメはダメだったものの、めげずにもう一度釣りへ行った彼の行動力の賜物だろう。

道東もまだまだシーズンは終わらない!
ぜひ今後も最高に楽しいアキアジを追い求めて欲しいところだ。

そして次回も新鮮な情報も期待しているぞ!

スポンサードリンク

LINEで送る
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です